皆さんジムに通ってますか~?

近くにない?市区町村が運営しているジムでも良いです!スポーツクラブ、スポーツジム、体育館。

とにかくマシンが置いてあるの施設をここではジムと呼びましょう!

ところで認知症対策が目的でジムに行かれている人はどれくらいいますか?

皆さん運動したほうがいいのはわかっているけど、ざっくり健康のために通う人もいると思いますが、目的はなんでしょう?

ここで認知症予防だ!

と自信をもっていえる人は少ないと思います。というのも足腰強化が認知症予防に繋がっていると知っている方はほとんどいないんじゃないかな~と思うのですね。

ということで今回はこの足腰強化と認知症予防について解説していきますね!

認知症はなぜ発症する

2018 06 11 12h23 21 300x204 - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

認知症はまだ詳しくはわかっていない病気でもありますが、いくつか原因はあるようですね!

脳血管障害

認知症の20~30%が、脳血管性認知症なのです!知ってましたか?

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳の血管の病気によって、脳内の血管に障害が起きることで、神経細胞が壊れてしまい認知症が発症します。脳血管障害を起こした後は、認知症の症状が現れ、脳梗塞などの場合は発作が起こるたびに症状が進行していきます!これは怖い。。

血管障害の原因としてはストレスや、不規則な食事、動脈硬化、高血圧などがありますね。

そしてアルツハイマー型認知症では、血管障害を起こしている例も多く脳血管性認知症の症状が併発することがあります。

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症を併発した症状を、混合型認知症とも言います。

ストレスによるものもある

ストレスは脳の神経細胞にダメージを与えてしまい、認知症の発症リスクを高める原因になります。

ストレスがたまると、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが分泌され、このコルチゾールが大量に分泌されると脳細胞を破壊し海馬を萎縮させます。

その結果、海馬は記憶を司る器官でもあり、萎縮すると記憶力の低下、物忘れなどから認知症になるということですね。

不規則な生活習慣

生活習慣の乱れは糖尿病・脂質異常・高血圧などの生活習慣病を引き起こし、それによって脳血管障害による認知症を発症する可能性があります。

脳血管性認知症の原因となる血管障害は、生活習慣病から引き起こされます。皆さんの生活習慣はどうでしょう?

生活習慣病とは、暴飲暴食、運動不足、喫煙などの生活習慣が原因で発症する糖尿病・脂質異常症・高血圧・脳卒中・肥満などのことです。

アルツハイマー型認知症でも、生活習慣病による発症率が高くなることが科学的に証明されています。

高齢者の生活習慣病は、年々、増加し、認知症の発症と深く関係していることが明らかになっています。

足腰強化と認知症の関係

2018 06 11 12h22 48 300x200 - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

足腰強化は認知症の原因とされている脳血管障害やストレス緩和に効果があります。

脳血管障害の原因は生活習慣病です。この生活習慣病をしっかり防ぐことができれば認知症を防ぐことに繋がる可能性は十分にあるということなのです!

足腰強化をする効果をまずはみていきましょう。

足腰強化で運動不足を解消

足腰強化をすると運動不足の解消に繋がります!

運動不足は肥満、糖尿病、高血圧をもたらします。すると認知症のリスクであった生活習慣病にかかる可能性があるということを意味します。

つまり定期的に足腰強化をすることが運動不足を解消し認知症を予防する第一歩ということでもあるのですね!

精神の安定

足腰強化をしてたっぷり汗をかいた後は、ホルモン分泌がさかんに行われます。

このホルモンがセロトニンと成長ホルモンです。セロトニンは運動後に分泌される抗うつ薬に使われるホルモンですね!

セロトニンと成長ホルモンのダブル効果によって気分の落ち込みがなくなり、前向きな気持ちにさせてくれます。

よくよく考えてみると確かにジムに行って落ち込んでいるような人ってあまりみたことがないですよね。これは科学的にも証明されています。

まぁ表情が暗い人は何人かいるけど、そもそもジムに来ているだけで前向きだとは思いませんか?

足腰強化で循環血液量増加

皆さんは体内の血液が何を運んでいるかご存知ですか?

酸素、二酸化炭素、栄養、老廃物。まさにその通り!これらを定期的に運びながら吸収と排出を繰り返しているわけですね。

足腰強化をするとこれらの血液循環そのものが増加します!だって身体を動かさないといけないから心臓の拍出量が増加してエネルギーを全身に運ばなければいけない、脳にも酸素を送らなきゃいけない!身体は大忙し!

これが足腰強化トレーニングでは発生するのです!

これ腕のトレーニングではここまで血液循環は向上しません。だって片腕くらい余裕でしょ!って身体も思いますしそんなにエネルギーいらないですからね!

そして血液循環が増えるから脳にも栄養と酸素が十分に送られるわけですね!

認知症の初期症状でもある物忘れ。海馬の萎縮とありましたが結果的に脳を使うことにも繋がります。だからくどいですが…足腰強化です!

ジムでできる足腰強化トレーニング

認知症予防に足腰強化をする理由はわかりましたでしょうか?

足腰じゃないといけない理由があるということですね!

ではこれから足腰強化のためのトレーニング方法をみていくことにしましょう!

レッグプレス

card         1 300x300 - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

ジムで定番となっているレッグプレスですね!ジムに行ったら必ずオススメされる足腰強化の代表とも言えます!

お尻、前もも、裏もも、ふくらはぎなど下半身全体を鍛えていくことができます。

1 シートに座ります

2 座った時に膝が90度になる位置に足を合わせましょう

3 背筋を伸ばし、吐きながら押します(膝が伸びきらない程度)

4 息を吸いながら戻し、また吐きながら押します

5 20回を限界で扱える重量で3セット行いましょう

スミスマシンスクワット

hqdefault - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

スミスマシンスクワットはマシンに慣れてきたら行いましょう!

スミスマシンはバーベルとは違い、バーベルの軌道が決まっているため安全に行うことができます。

刺激を変えてやってみたい方などにはオススメですね!

またスミスマシンスクワットは腰の筋肉とお腹の筋肉同時に使うことからも足腰全般を鍛えることができます!

レッグカール

o0480032013888868649 300x200 - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

レッグカールは裏ももを鍛えていくトレーニングですね!

裏ももは足の中でも3番目に大きい筋肉です。ここを鍛えていくと血液循環が良好になり全身の血の巡りが良くなります!

汗をかくにも下半身のトレーニングは最適と言えますから是非チャレンジしましょう!

1 うつぶせに寝ます

2 足首にレバーがあたるように設定しましょう

3 前に取っ手がありますから掴みます

4 息を吐きながらギュッと足を曲げましょう

5 これも20回できる重量で3セットを目途に頑張りましょう

レッグエクステンション

2017 08 31 193400 300x217 - 今こそ積極的に!ジムで足腰強化して認知症予防に努めよう!

これは人体で一番大きい前ももの筋肉を鍛えます!

前ももの筋肉を鍛えることでも血液量、成長ホルモン、セロトニンが分泌されるので認知症予防としてはとても効果的だと言えます。

基本ジムにはトレーナーさんがいるのでその方たちにやり方を聞きながらでも構いません!

1 マシンに座ります

2 レバーが足首(前側)にかかるよう調節します

3 お尻はしっかりシートにつけたまま膝が伸びきるところまで上げます

4 ゆっくり戻して、また膝が伸びるところまで上げるのを繰り返します

5 20回できる重量で3セットですね

まとめ

足腰強化は認知症予防に必ず繋がります!

やはり人間の身体は日々衰えていくもの。何もしなければ劣化は早いですね。

そういう意味でもジムに行って同じ目的を持った方々と日々刺激し合いながら身体を鍛えていくことはこれからの健康に必ず繋がります。

皆さんもこの際に是非、筋トレを始めてみませんか?

おすすめの記事