高齢になってくると、物を忘れたり、昨日何をしていたのか思い出せなくなったり、さっき食べたものを思い出せない!

そんな経験はありませんか?

それはもしかしたら認知症の始まりかもしれません。

確かに、最近色々と思い出せないことが多い…

いや、まだわしは若いッ!気のせいじゃ!なんて言っているとみるみるうちに進行していきます。

認知症は一度発症すると治すことが今の医療レベルでは難しいと言われています!

しかし原因は明確につきとめてはいることが救いで、原因となるものを予防することは誰もができます。

その予防対策の一つとして筋トレがあるのをご存知でしょうか?

人間は困ってから、痛みを感じてから動き出す生き物ですよね。認知症になる前に今一度自分事のようにとらえて予防に努めていきましょう!

認知症

2018 06 10 19h18 03 300x200 - 忘れてない?高齢者の認知症予防に筋トレするといい3つの理由!

ではこれから認知症と筋トレがどのように関係してくるのかをみていきましょう。

初めに認知症について少し整理しておきましょう。

認知症とは?

脳は、人間の活動をほとんどコントロールしている司令塔です。

しかしうまく働かないことで精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなりますよね?

かつては痴呆症といわれていた「認知症」は、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。

特に海馬と呼ばれる脳の一部が縮小することが認知症特有の現象だとも言われています。

特に定年退職後は脳を使うことが極端に少なくなり、海馬が縮小するのではないかともいわれています。

物忘れの種類

実は物忘れには「加齢」によるものと「認知症」が原因となるものがあります。

加齢によるものは脳の生理的な老化が原因で起こり、その程度は一部の物忘れであり、ヒントがあれば思い出すことができるので日常生活に支障をきたすことは少ないでしょう。

一方で認知症が原因の物忘れは脳の神経細胞の急激な破壊によって起こり、まるで物事全体がすっぽりと抜け落ちたかのように、ヒントを与えても思い出すことができません。

筋トレの効果と認知症予防

2018 06 10 19h44 59 300x228 - 忘れてない?高齢者の認知症予防に筋トレするといい3つの理由!

記憶力向上

米国の研究では筋トレを20分間行なうと、記憶力が10%ほど向上することがわかっています。

2つのグループに分けて行った実験では両グループにまず100枚の画像を見てもらい、片方には脚の筋肉に負荷をかけながら曲げたり伸ばしたりする筋トレに50回取り組んでもらい、もう片方には同じ時間を椅子に座ったまま過ごしてもらったというもの。

このグループを2日後に集め、最初にみた100枚の画像+違う画像も100枚、計200枚の画像をランダムに出し、どれが前回みたものか?を比べました!

すると筋トレをしたグループは筋トレをしていないグループよりも記憶力が高いことがわかりました!

これは筋トレを行なうと、記憶の定着を促す「ノルエピネフリン」という神経伝達物質が分泌されるから!

つまり定期的に筋トレをしている人は記憶力が向上するということですね!

うつ症状を軽減する

実は、筋トレにはうつ症状を軽減する効果があるという研究も発表されています。

うつは認知症症状の一つでもあります

筋トレを行うとうつの患者に使うホルモンが分泌されることがわかっています!

それが脳内伝達物質である「セロトニン」です!皆さんはセロトニンという言葉を聞いたことはありますか?

セロトニンは気分の落ち込みを改善し幸せを感じさせてくれます。

気分が変わるということは精神的にも安定し食欲や睡眠欲が回復されるのです。

そういえば、ジムに行っている人や運動している人ってなんとなく元気な方が多いですよね?

あれはホルモン分泌がしっかり促されているからなのですね!あとは太陽光線を定期的に浴びる人もセロトニンを放出するのでうつにはなりにくいでしょう。

睡眠改善

認知症の人の中には睡眠障害を持っている方もいらっしゃいます。

本来人は昼間に活動し、夜間は眠くなるというように、生活リズムを整えているのが一般的ですね!それを体内時計とも言います。

脳はそれを調節する大切な役割を担っています!特に睡眠を促すために分泌される「メラトニン」というホルモンが影響しています!

しかし加齢に伴い分泌が低下するため、睡眠時間が短くなったり、朝早く目が覚めたり、途中で目が覚めるといったことが起こると言われています。

そして認知症になるとその影響は大きく、睡眠障害を起こしやすいとされています。

筋トレはこの体内時計を改善するのに効果的だと言われていますね!

筋トレによって自律神経のバランスが整い、交感神経、副交感神経のメリハリがつくこと。そして筋肉疲労から身体が疲れることで眠りやすくなるということも考えられます。

筋トレで疲労した身体を睡眠によって回復させる。

これが本来のバランスでありますよね!

まとめ

認知症予防に筋トレがどういう効果を果たすのかよく理解できたと思います!

そして認知症は発症してしまっては今の医学では完治は難しい。

発症する前にできることを精一杯取り組みましょう!その取り組みの中に筋トレがあります!

筋トレはただ筋肉をつけるのではなく、脳を鍛えるという視点を持ち合わせて今からできることをしていきましょう。

おすすめの記事