高齢者の中には猫背になる方が多くいらっしゃいますよね!?

実はこの猫背が原因で転倒に繋がるケースは多々あるのです。猫背と転倒って何がどう関係してくるの?

この辺をひも解いていき、猫背予防のための筋トレにもトライしていきましょう!

余談ですが、5年後の2023年には日本の人口の半分以上が50歳以上になりますよ

するとどんなことが起きるでしょう?まず超高齢化社会なので、高齢者の様々な問題が今よりも浮上してきます。

介護の問題も特に重要ではないでしょうか?人間年齢を重ねれば、誰だって身体の衰えはでてくるもの。筋力もそう、体力もそう、脳もそう。

特に足腰の衰えからくる転倒は認知症に繋がるケースも多く、問題になっています。転倒による骨折、寝たきり…

これらを防ぐためにもこれから筋力を向上させていくことが重要です。

今現在猫背になっている人はぜひ参考にしてみてください!

猫背と転倒の関係

2018 06 09 15h03 20 300x201 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

猫背と転倒の関係をみていくことにしましょう。転倒は基本的には歩行時に起こりますよね。つまり歩行と姿勢に注目していくことが大切です!

では猫背になるとどんな歩行の仕方になるのかをみていきましょう。

猫背の歩行

shisei09 300x148 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

猫背の方の歩行には特徴的な膝歩きがみられます。

本来股関節から動かして歩きまずが、骨盤が後傾しているため、付け根から足を動かすことが困難となり、靴をすりながら歩くような膝歩きになってしまいます。

膝歩きの場合、歩幅も狭くなることがわかりますね!

するとちょっとした段差につまづくようになったり、バランスを崩した時に立ち直れなくなることがあるということですね。

なぜ猫背になるのか?

なぜ高齢者の方は猫背になりやすいのでしょうか?
それには衰える筋肉に原因があります。
姿勢は本来、正面からみると左右均等であり、横からみると足首、膝、股関節、肩峰、耳と一直線で繋がります。

85B32F4A 7EEF 4C0F BD99 8428C3E8F090 300x169 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

しかし猫背の場合だとこの一直線の姿勢が後方に崩れていきます。(画像左)

お腹がぽっこり、お尻が垂れたような姿勢ですね。なぜこれほどにも背骨が曲がったようになるのでしょうか?

皆さんは背骨が曲がった!
つまり骨が自然に曲がったと思いがちですが、実際には筋肉が関連してします。

猫背に関係のある大腰筋

猫背になる原因はこの大腰筋が主に占めています。この大腰筋が衰えたり、硬くなることで猫背は自然に誘発されていきます。

大腰筋は上半身と下半身を繋ぐ筋肉であります。

ddd106 225x300 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

 

大腰筋は股関節を屈曲、伸展させる役割があるので歩行時によく働く筋肉です!つまり足を上げたり後ろに引いたりするのですね!
しかし大腰筋が弱くなると、まず始めに姿勢が崩れてきます。(画像右)
これがいわゆる猫背姿勢。
そして猫背姿勢になる過程のなかで無意識レベルに足が徐々に衰えてきて、歩く際の一歩前進するための歩幅や高さが低下してきます。

この時本人はまだ気づかないレベルですが、そのままにしていると猫背が更に進行され、完全に歩くことにも支障がでてきます。

この大腰筋を鍛えてあげることが正しい姿勢を保持することにつながり、猫背の改善や予防にも繋がるということですね。

猫背改善の大腰筋筋トレ

2018 06 09 21h24 15 300x195 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

皆さん、あきらめる必要はありません。年齢を重ねても、筋力を鍛えることはできます。

筋肉は最大限の力を発揮した後、必要な栄養と休養をとると運動前よりも太くなるのです。

そして人体の中で唯一成長し続けることができる器官です。そんな可能性があるのなら鍛えたほうが良いとは思いませんか?1日1種目で構いません。

できるものからトライしましょう。

そして忘れないでください!猫背を改善することが転倒防止に繋がるということを!

 

足上げトレーニング

c78c549863d8c61381df20bf7861e347 300x292 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

足上げトレーニングは大腰筋を鍛えるのに有効です。その場で立った状態で50回交互に足を上げてみましょう。

手も同様に上げていくことで脳の体操にもなります。姿勢を崩さないように行うことがポイントですね!

高齢者の方の中にはバランスを取るのが難しい方もいらっしゃると思います。椅子を用意し、片手でつかまりながら片足ずつ行ってもよいでしょう。

座位の大腰筋トレーニング

 

a4fd89e8dcd8a6b9e60b0a0568ebc040 300x213 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

高齢者の方の中でも立ってやることが難しい方は座った状態で足を上げていきましょう。

胸を張って手も同様に振りながら行います。回数は50回を目安にするとよいでしょう!疲れたところから更に頑張る!

できるだけ足と胸を近づけるようにして最大限の大腰筋の可動域を使うことが大切ですね!

踏み台トレーニング

img02 300x169 - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

負荷を高くしたトレーニング方法として踏み台があります。

踏み台は段差があるためお尻の筋肉も同様に鍛えることができるのでオススメです!

無理のない範囲で30回~50回行いましょう。踏み台は大腰筋だけでなく、大殿筋、ふくらはぎ、前もも(大腿四頭筋)を使うため負荷の高い運動になるので少し上級者向き!

でもこれを定期的にやることで猫背はもちろん、足腰の強化にはしっかり繋がりますよ!

上級者用大腰筋トレーニング

hqdefault - 猫背を防いで転倒予防に!高齢者のイチオシ筋トレ情報!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

猫背を改善するために背中のトレーニングでをすることではないということだけでも新発見ではありませんか?

そして猫背になるから転倒する。猫背にさえならなければ転倒予防には繋がります!

多くの方は症状が出ている部位や、影響が出ている箇所に目が移りやすいですが、本来の原因は別のところにあったりもするということですね!

この視点を持つことができると、色々な症状に対しても視野が広がるため、工夫もできるようになりますね!

これからの将来を考えた時に、日本は高齢者社会ですが、世界一元気な高齢者大国として広めましょう!

皆さんの定期的なトレーニングが一人一人の健康をつくるということを覚えておきましょうね!

おすすめの記事