高齢女性の方に多い尿漏れ。

ふとした瞬間や、咳、くしゃみでさえも尿漏れすることがあります。

女性の尿道は3㎝~4㎝に対して男性の尿道は12㎝程度あります。この違いから考えてみても女性のほうが尿漏れはしやすいことがわかります。

しかし加齢に伴って筋力低下になると尿漏れは起こりやすくなります。

その筋力が骨盤低筋群と呼ばれる部分です。皆さんの中にもこの言葉を聞いたことがある人はいらっしゃると思います。

この骨盤底筋群をしっかり鍛えてあげることで尿漏れを防ぐことができたり、または全身の筋力アップに繋がり相乗効果が見込めるのです。

今回はそんな尿漏れ対策についてみていくことにしましょう。

尿漏れの仕組みとは?

2018 11 29 15h00 46 300x196 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

そもそもなぜ男性に比べて女性は尿漏れしやすいのか?

その原因と仕組みをみていきましょう。

尿漏れの仕組み

私たちの骨盤の底にある骨盤底筋群。

この筋肉が加齢とともに低下してくることで尿漏れが発生します。骨盤低筋群の筋力がしっかりしていることで、お腹に力が入ったとしても反射的に尿道口を締めます。

逆に骨盤底筋群が緩いとちょっとした動作や、刺激で尿漏れすることがあるのです。

つまり今現在尿漏れがひどい高齢女性の方は確実に骨盤底筋群が弱くなっている証拠でもあります。

尿漏れのタイプは二つある

実は尿漏れといってもタイプが二つに分けられます。

1つ目は腹圧性尿失禁、そして2つ目が切迫性尿失禁と言われるものです。

腹圧性尿失禁

これはせき、くしゃみをしたとき、びっくりしたとき、階段の上り下りの時に尿意があるかないかに問わず発生するものです。

腹圧性というだけあって、後に紹介する骨盤底筋群が関係しています。

切迫性尿失禁

高齢女性に多いのがこちらの切迫性尿失禁。

これは尿意を催して、急いでトイレに向かっても間に合わずに漏れてしまうケースのことを言います。

急に尿意を感じることも多いですよね。そして結果的に間に合わずに漏らしてしまう。

このような経験は少なからず皆様にもあるのはないでしょうか?

尿漏れの原因である骨盤底筋群とは?

2018 11 29 15h15 57 300x188 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!今の人には考えられないかもしれませんが、生理用ナプキンが開発される前までは、使い古しの布を縫ったものを作って生理時に使用していました。

そして当時はそれで十分に過ごすことができました。

なぜなら昔のトイレは和式がメインでしたよね。すると自然と骨盤底筋群が鍛えられ、骨盤周りの筋肉が強化されていたのです。

骨盤の力で経血が出ないようにし、用を足すときに一緒に出すという調整が可能でした。

今では考えられないのです。閉経を迎えた高齢女性の方で、昔は筋力がしっかりしていた方は多いはず。それなのに加齢に伴って筋肉を使う頻度が減り、徐々に低下している人は多いのです。

骨盤底筋群の働きとは?

300x140 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

骨盤底筋群とここで画像を通してみてみましょう。

骨盤底筋群は3層に重なり、計9つの筋肉で構成されています。

これら筋肉の働きとして、骨盤内の臓器を支える働きと腹腔を安定させるコルセットの一部としての働き、そして排泄をコントロールする働きがあるのです。

この働きがあるおかげで、内臓を下からがっちり支えて、姿勢や体幹を安定させることができます。

しかしこのコルセットである骨盤底筋群が高齢になるにつれて弱くなり、結果的に腹腔内圧が低下し締めたいときに締めることができない状態。

つまり尿漏れが発生するということです。

高齢女性の骨盤底筋群が弱ってしまう原因とは?

なぜ骨盤底筋群が弱くなってしまうのでしょうか?それぞれの原因をみてみましょう。

筋力低下

骨盤底筋群が低下する原因の一つに筋力低下があります。

筋肉は身体を動かすメイン組織ですね。人体には数百という筋肉が存在しますが、その中でも大小に違いがあったり、役割がそれぞれ違います。

全ての筋肉は何かしらの動作、生命活動に貢献しており不要なものはありません。

その中でも骨盤底筋群は前述しましたように、姿勢、体幹の安定性に関与しており、複合的に様々な筋肉と連携しています。

骨盤底筋群も日頃から鍛えておけば、日々成長するものと言えるでしょう。

筋肉という組織は人体の中で唯一年齢に関係なく鍛えることで成長する組織であります。

骨のような組織では一度骨密度が低下すると二度と増えることはないでしょう。皮膚も同じく一度垂れてしまうとなかなか以前に戻ることはできませんよね。

筋肉だけは別物なのです。

運動不足

運動不足の定義を知っていますか?

週に3回30分以上の運動をしている人は運動不足とは言いません。

逆にそれより少ない運動量であれば運動不足と言えるのです。皆様は運動はしていますか?

毎日のウォーキングでもいいでしょう。または積極的に動くという意識も大切ですよ。今は平気でも今後運動不足が続けば確実に体力も筋力も低下します。

結果的に尿漏れ以上に精神的な負担を抱えることもあるのです。

加齢

加齢は高齢女性の天敵。

骨盤底筋群も加齢に伴って低下していきます。ただし、毎日の筋力強化や運動強化を行っている人は加齢にも負けないカラダをお持ちです。

前述したように加齢を克服するものは、カラダを鍛えること。ただそれだけです。骨盤底筋群を鍛えて尿漏れのない生活を始めましょう。

肥満

皆さん体型は大丈夫ですか?

肥満は骨盤底筋群を低下させます。肥満ということは動く頻度や量も比例して減りますよね。

太ってくると動くことそのものが億劫になりがち。そして運動不足、筋力不足と合併してくるのです。

極端な話ですが、完全に寝たきりの状態になって1ヵ月過ごした場合、筋肉は50%低下すると言われています。

毎日少しでもいいから動きましょう。

そして食生活を改めて肥満脱却を目指しましょう。和食中心やなるべく脂の少ない物、そしてお菓子も一工夫してなるべく健康的なものを食べる習慣を身に着けることで自然と肥満は解消されていきます。

尿漏れ以外にもある?骨盤底筋群低下による症状

実は尿漏れ以外にも骨盤底筋群が低下することで発生する症状があります。

合わせてみていきましょう。

頻尿

頻尿が発生します。

メカニズムは尿漏れと同じですが腹腔内圧低下により、膀胱に溜まった尿を我慢することが困難になってきます。

すると結果的に頻尿が成立してしまうのです。

姿勢の変化

骨盤底筋群の筋力低下によって、姿勢の土台となる部分が不安定になります。

すると猫背やO脚のような姿勢になることがあり、結果的に肩こりや腰痛を発症することがあるのです。

今現在肩こり、腰痛をお持ちの方は骨盤底筋群を鍛えていくことで改善される余地があります。

お尻が垂れる

お尻が垂れる原因も骨盤底筋群によるものです。

お尻が垂れるということは見た目を気にする方もいますが、それ以上に猫背を助長してしまいます。

猫背は肩凝り、腰痛を誘発し慢性的な痛みを抱えます。

痛みの続く毎日では精神的な負担や、今後の不安材料にもなりかねません。

高齢女性のための尿漏れ改善エクササイズ

2018 11 29 15h53 54 300x196 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

ではここから尿漏れ改善のためのエクササイズを紹介します。

尿漏れは一度発症しても原因が明確であるために改善することができます。ここでは動画を使ったエクササイズの紹介をします。

骨盤底筋群トレーニング

hqdefault - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

トレーニング頻度は?

理想的なトレーニング頻度に関しては週に3回~4回行うといいでしょう。

高齢女性の方でもハードなトレーニングではないのでこれくらいを目安としましょう。

逆に早く結果を出したくて毎日やる方もいらっしゃいますが、筋肉は回復させること、休ませることも大切な要素の一つですから焦らずに取り組んでいきましょうね。

併せて漢方を飲むと更に効果が増す

2018 11 29 16h10 54 300x183 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

トレーニングと合わせて漢方を摂取することで相乗効果が出ます。

特に頻尿や尿漏れに関してはサプリメントよりも、漢方がオススメ。医薬品ではない漢方は自然のものを使用し副作用がないものです。

高齢になると色々と病気のことも心配ですよね。

だからこそカラダに良い物を摂取していきましょう。少し予算のある方はぜひ購入してみるといいでしょう。

初回は1900円で販売しています。

詳しくはこコチラ→夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】
0 - 高齢女性の尿漏れ対策に骨盤底筋群トレーニング!

編集長のつぶやき

いかがでしたか?

高齢女性に多い尿漏れですが、しっかりエクササイズを行うことで改善してきます。

だいたい平均して2ヵ月~3ヶ月程度継続していくと効果を感じてきます。

多くの人はあと一歩で効果が出ないと感じやめてしまいます。まずは最低でも2ヵ月は継続しましょう。

根気強く取り組んでいけばきっと改善されるでしょう。サプリメントの併用は絶対行いましょう。結果が全然変わってきますので!是非健康的な毎日を送りましょうね。

おすすめの記事