高齢者の方で、背中に痛みを感じる方は多いのではないでしょうか?

背中が痛くて、寝るときも苦痛を感じる。座っていて背中が痛いと生きている心地さえもしない。病院に行っても治らない。

チクしょうッ!昔はこんなはずじゃなかった!もっとピンピンしていたのにッ!

と、後悔していませんか?

大丈夫です、今からでも間に合いますので心して最後までお読みくださいませ。

背中の痛みは様々な原因が関係しています

今回は背中の痛みの原因から改善策まで、高齢者の方でもできるストレッチをご紹介していきます。

背中の痛みの原因は?

2018 06 06 11h10 22 300x171 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

 

背中の痛みの原因はいくつかあります。特に高齢者の方に多い背中の痛みの原因をみていきましょう。

姿勢がゆがむことで発症

普段の姿勢の悪さ、筋肉のバランスが崩れること、病気、ケガなどによる骨格のゆがみも、背中が痛む原因ですね。

ゆがみによって日常生活からバランスが崩れ、筋肉にかかる負荷が蓄積されることで痛みとして現れるケースがあることを覚えておきましょう。

肩こりによる放散痛

放散痛という言葉をご存知でしょうか?実は肩こりが原因で背中まで痛みが広がることを言います。

余談ですが、心筋梗塞などで左肩が痛い、左の腰が痛いと訴える人がいるのもすべて放散痛。普通痛みが出る部分に問題があると感じますが、そうではないことを知っておきましょう。そして背中の痛みとして最も多いパターンが、肩こりによるものなのです。

肩こりは首、目、肩、背中の筋肉疲労のことを指します。目が疲れ、首から背中にかけての筋肉が緊張した状態が続くと、血行が悪くなり、筋肉に酸素が行き渡らなくなります。すると、乳酸をはじめとする疲労物質が増えて筋肉に炎症が発生します。この炎症によって、肩だけでなく首や背中にも痛みが現れます。

加齢とともに現れる痛み

加齢に伴う背中の痛みの原因は筋肉の低下によるものが多いです。

筋肉は動かすことがなければ落ちていきます。これは誰もが知っていることですよね?

加齢とともに運動量も減っていくことで高齢を迎えた時には若いときの半分の筋肉量になっていることもあります。

実際に筋肉は年1%ずつ減るということを考えると、20歳と70歳を比べた時の筋肉量では50%も筋肉が減るという現実があるのです。

皆さんは大丈夫でしょうか?

筋力低下による骨への影響

椎間板という背骨に含まれる水分が失われて、弾力がなくなり、衝撃に弱くなることで、痛みが出ることもあります。

水分が失われるのはどうにもできませんが、衝撃を外部から守ることはできます。それは筋肉の働きなので、普段から骨を守るという意味でも筋肉を鍛えたり、ストレッチすることは大切ですよね。

筋肉が硬くなることでの痛み

筋肉は全身に繋がっています。筋肉はまるでゴムのような伸びたり縮んだりする性質がありますが、硬くなることで伸びがなくなり、縮んだままの状態に。

筋肉が硬いと血液循環も悪くなり、乳酸や老廃物が溜まり、痛みの原因となる場合があります。

背中が痛くなりやすい人の習慣

2018 06 06 11h30 21 300x196 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

運動不足

運動不足の方は近年増えています。

自分の周りの人をみると運動不足の人のほうが多いのではないでしょうか。運動不足の定義は週に3回、30分以下の運動しかしない人です!

皆さんは週に3回、30分以上の運動をしていますでしょうか。

運動不足は筋肉の老化だけでなく、肥満にも繋がります。

肥満になると体重が増えるので身体にかかる負荷も増えあちこちに痛みが生じる可能性があることをここで認識しておきましょう。

ストレスを抱えている人

長期間にわたってストレスにさらされたり、精神的な緊張が続いたりすると、自律神経が乱れ、筋肉が緊張して血行が悪くなり、こりや痛みを引き起こします。

整骨院に行ったり、マッサージに行ったりしても改善しない場合は慢性的なストレスを抱えているかもしれません。

でもなんで背中の筋肉が痛むのか?

そう、それは背中の筋肉は身体の中でも比較すると大きな筋肉だからです。つまり制裁を受ける影響も大きいということですね。

小さい筋肉には痛みは感じないことはイメージつきますよね。

座りっぱなし

長時間座りっぱなしになると、背中がだんだんと丸まってきますよね。

これは頭の重りが約6キロあることで人間の構造と重力上、頭を前に出しているほうが楽だからです。

顎を上げて頭を後ろに反らして歩いている人なんて見たことないですよね?

そう、人間は下を向いて歩くほうが楽な生き物なんですね!

でもいくらなんでもずっと下を向いていれば背中の筋肉が常に頭の重りで引っ張られますし精神的にも暗くなる!

だから座りっぱなしの人は姿勢にとっても注意しておいたほうがいいです。

k01 img02 300x266 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

要チェックです!この4つのうちあなたはどれかに当てはまるはず。。

今日から見直しましょうね!

背中の痛み改善!高齢者の方におすすめなストレッチ

ではでは、ご紹介しましょう。ストレッチをして背中の痛みを改善するノウハウをここでお見せしましょう!

あっ、ちょっとその前にストレッチについてのおさらいです。

ストレッチは筋肉を伸ばすことで柔らかくなることを目的として手技です

ストレッチのすごいところは、筋肉そのものを生まれ変わらせることができる!!

つまり、今硬くなっている筋肉を柔らかくすることで、半永久的に筋肉が改良され、成長するということ。

マッサージは一瞬の改善、ストレッチは一生の改善!

なんて広告もありましたけどね。でも根本的に改善をしていくにはストレッチオススメです!

動画で学ぼう背中ストレッチ

hqdefault - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

座ってできる背中ストレッチ

P1430433 300x224 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

まず第一種目!

座りながらでもできるので高齢者の方も無理なくできるんじゃないかと思います。

背中はなかなか意識するのは難しいですが、最初は見よう見まねでもいいのでやってみてください!

やり方

1 座ったら姿勢を正す

2 肘を伸ばして両手を組みます

3 その状態のまま肩甲骨を拡げます、ポイントは両手を前方にグーっと伸ばしていく感じ

4 すると背中が広がり筋肉が伸びますのでキープ、20秒やりましょう

5 20秒やったらもとに戻してまた繰り返し、3セット!

背中&首ストレッチ

IMG 0111 1 1 300x217 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

第二種目は首と背中を同時に伸ばすストレッチです。

これも座りながらできるので隙間時間でサクッとやりましょう。えっ!?隙間だらけ??だったら1日3回はやりましょうね!

やり方

1 姿勢を正して座ります

2 両手を頭の後ろで組みます、その際やや頭頂部付近で組むと効果的です

3 姿勢を正したまま、顎を下に向けてグーっと真下に頭を押しましょう

4 すると頭の後ろから肩甲骨付近まで筋肉が伸びる感覚があると思います

5 その状態で10秒やったらもとに戻し、また繰り返すこと3セットです

うつ伏せ背中ストレッチ

article 001628 300x225 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

第三種目はうつぶせで行うストレッチです。

座位に比べて身体にハンデのあるかたは無理にしなくても大丈夫。

できる方はバリエーションを増やすためにもやりましょう。

1 膝を立ててうつ伏せからスタート

2 両手を前方に伸ばします

3 顎を引いて、背中を床に押し当てるようなイメージで伸ばしましょう

4 脇の下から、背中にかけてストレッチがかかりますよ

5 この状態で10秒×3セットです

うつ伏せになって気持ちが悪くなることがある方は本当に無理しないでくださいね。

大事なのは安全にストレッチを行うことですからね。

プロ級背中ストレッチ

41d7mH1xpkL 300x300 - 高齢者の背中の痛み!効果的なストレッチ5選をマスターしよう!

ここで上級者のストレッチを一応ご紹介しておきましょう!

みたまんまぶら下がり健康機器ですね!これは本当に背中がよく伸びるんです!

わしゃ無理やわ……

えぇ!大丈夫です。そんな方は無理せず始めに紹介したものでも十分効果は得られますから。でもどうせやるならこれができるレベルまでいきましょうよ!

 

エイエイオー!!

 

まとめ

ということで背中の痛い方におススメなストレッチの紹介でした。

背中の痛みは一度発症すると長引くことがあります。それは長年のある意味蓄積された疲労物質などの成果でもあります。

でも人間の身体は本当にリカバリー力(疲労回復)にあふれています。

高齢者の方もまだまだ諦めないで、生涯現役を合言葉に前進していきましょう!

こちらもサポートできるよう情報をどんどん共有していきますよ~!

おすすめの記事