高血圧で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

特に高齢になってくると血圧の指標も毎日気になるものですよね。

いったいなぜ血圧が高くなるのか?またストレッチがどのように血圧を下げるのか?をみていくことにしましょう。

 

これからの少子高齢化社会において介護問題や医療保険の問題は全て皆様の健康に関係しています。

一人ひとりが健康に気を付けて生涯現役でい続けることができるようしっかり自分の健康に対する意識を強くもっていきましょう!

血圧が高くなる理由とストレッチ効果

2018 07 06 20h46 23 300x196 - 血圧を下げるストレッチはこれ!高齢者の方におすすめ!

塩分過多による血圧上昇

塩分過多になると高血圧になる可能性が高いと言われています。特に日本文化は塩分の高いものを食べる傾向にあります。

というのも漬物やみそ汁といった伝統的な食事は塩分濃度がとても高いことから日本人は高血圧になりやすいのです。

塩分は浸透圧の関係で血管内に溜まると言われています。

定期的なストレッチは塩分を放出する習慣である汗をかく、血液循環を良好にするといった作用があります。

実はストレッチも念入りにやることで身体が熱くなり汗をかく方も多いのです。

食生活の乱れ

食生活の乱れも近年増えてきています。特に脂っこいものが手軽に食べられる世の中になってから血液中の悪玉コレステロールの増加を招くようになりました。

悪玉コレステロールは血管壁に蓄積され血管を狭窄させます。動脈硬化とはまさにこのことを意味するのです。食生活の乱れはストレッチではどうしようもできませんが、日頃から意識して気を付けることでリスクを減らすことができるのです。

また肥満の方も要注意です。肥満を食生活の乱れは関連することが多いので気をつけましょう。

ストレスによる自律神経障害

ストレスを感じると自律神経の中の交感神経が活発になります。交感神経は心拍出量増加や呼吸数増加に関連してきますが、ストレスを感じることでアドレナリンを分泌し血圧が高まります。

ストレッチは副交感神経を優位にし、身体をリラックス効果へと導きます。

毎日の定期的なストレッチはこのような観点からも必要になりますし、セロトニンというホルモンが分泌されることで物事の考え方が変わり積極性が生まれます。するとストレスを感じずらい身体になるのです。

運動不足による筋力低下

運動不足になると筋力低下がみられますよね。それと同時に血管も本来は弾力のあるものですが硬くなることがあるのです。硬くなった血管は本来の栄養素や酸素、二酸化炭素の交感をスムーズにできなくなるため心臓にも影響がでます。

そして心臓は一生懸命血液を送り出そうとします。この時の血管抵抗が高くなり高血圧になると言われています。

つまりストレッチをすることで筋力の維持や柔軟性の向上が見込めるので血管の弾力も保たれ血圧をコントロールすることができるのですね!

過度なアルコール摂取

アルコールには、血圧を下げる作用があるといわれています。しかし、過度のアルコールの摂取は血管を収縮させて血圧を上昇させると考えられています。ストレッチは筋肉を弛緩させる働きがあるので、常に柔軟性が高い状態を維持しておきましょう。

喫煙

タバコに含まれているニコチンには、交感神経を刺激して血圧を上昇させる働きがあるといわれています。喫煙をする人はずいぶん減りましたがヘビースモーカーの人は見直しましょう!

ストレッチは前述もしましたが副交感神経が優位に働くものなので喫煙者の方でもストレッチをやることは効果的でしょう。

遺伝の可能性がある

具体的に高血圧と遺伝子の関係性は解明されてはいませんが両親ともに高血圧の場合、子供が高血圧になる確率は約50%、片方の親だけが高血圧の場合は約33%です。

遺伝に関してはストレッチは関係ありませんね。

血圧を下げるストレッチのポイント

2018 07 06 21h34 29 300x196 - 血圧を下げるストレッチはこれ!高齢者の方におすすめ!

大きな筋肉を伸ばすこと

大きな筋肉を伸ばすことで身体に対する影響力は変わります。

特に小さい上腕に筋肉や首の筋肉を伸ばしても全身への効果としては薄いでしょう。これから紹介するストレッチはどれも大きな筋肉ばかり。

是非このポイントを押さえておきましょう!

30秒は伸ばすこと

最低でも30秒は伸ばしましょう。ストレッチの継続時間の関係について研究したデータあります。

10秒、30秒、1分とストレッチをしたときの効果の違いを検証したものです。結果は10秒は効果が低い、30秒、1分は効果が同等ということでした。

最低でも30秒は伸ばし続けましょう。

おすすめ血圧を下げるストレッチ

動画で学ぶストレッチ

hqdefault - 血圧を下げるストレッチはこれ!高齢者の方におすすめ!

大腿四頭筋ストレッチ

P1280444 300x126 - 高齢者の方でも安全にできる!膝の痛みに効くストレッチ

 

大腿四頭筋は前ももに付着していて、人体で一番大きな筋肉として作用しています。つまり身体に与える効果も高いということですね。

柔らかい方だと後ろにペタンと寝ることができますね。

1 最初は両足を伸ばして座ります

2 後ろに両手をつきます

3 片足を曲げます

4 その状態で1分間

5 物足りない方は右の画像のように肘をついて負荷を高めても構いません

両足抱えストレッチ

腰痛体操 ストレッチ 300x126 - 血圧を下げるストレッチはこれ!高齢者の方におすすめ!

両足を抱えることでお尻から腰全体が伸びます。特に普段から姿勢の悪い方はこのストレッチで血圧を下げながら姿勢改善もしましょう。

1 両足を抱えて手前に引きます

2 その状態で30秒

3 もし自分でできなければご家族の方や身近の方に手伝ってもらうようお願いしましょう

4 30秒×2セット行いましょう

まとめ

いかがでしたか?

高血圧に効くストレッチの紹介でした。高齢者の方で血圧が気になる方はぜひ今日からチャレンジしてみてくださいね。

日々の習慣が健康的な身体を作ることに繋がります。

これから皆様が生涯現役であるためにも血圧のコントロールをしっかり行っていきましょうね!こちらからも応援しています!

おすすめの記事