股関節を柔らかくしようと思ってもなかなかよくならない。

股関節の硬さが原因で股関節痛がある。そんな人も多いのではないでしょうか?そもそも股関節は関節であり筋肉ではありません。そして実は股関節を柔らかくするには重要な筋肉があることを皆さんは知ってますか?

 

まずは股関節を硬くしている筋肉がどこにあるのか?を理解することから始めるといいでしょう!

ではみていきましょう。

股関節が硬いとどうなるの?

Dollarphotoclub 54052249 e1441756107459 805x503 300x187 - ストレッチしても硬いままの股関節!柔軟性チェックから始めよう

股関節痛が発症

股関節を硬いままにするといずれ痛みが生じてくることがあります。これは関節周りの筋肉の硬さによって可動域制限に陥るためです。関節は骨と骨の間のことを意味します。この関節を柔らかくするというのはその周りについている筋肉を柔らかくすることを意味します。

腰痛が発症

股関節が硬いことで腰痛が発症することがあります。硬さに伴い骨盤のゆがみや姿勢が崩れることがあり痛みがでます。今は痛みがない方でもそのままにしておくのは危険です。今のうちから股関節をしっかりと柔らかくしておきましょう。

肩こりも発症

股関節が硬いことで腰痛と同様に姿勢が崩れ肩こりが発症することがあります。骨盤のゆがみ、骨盤前傾、後傾と言いますが、骨盤が極端に前に倒れたり、極端に後ろに倒れることがあります。これでは姿勢が崩れてもおかしくはありません。これらは骨盤周りの筋肉の柔軟性や、バランスによって変わってくるのです。

股関節の可動域を高める筋肉は?

2018 06 22 18h02 43 300x281 - ストレッチしても硬いままの股関節!柔軟性チェックから始めよう

大腿四頭筋(前もも)

大腿四頭筋が硬くなると股関節の痛みを発症することがあります。人体で一番大きい筋肉でもあり、股関節の全面を覆う筋肉ですね。この筋肉を柔らかくすることで日常では足を上げる動作が楽になります。

ハムストリングス(裏もも)

ハムストリングスが硬いとこれも股関節の痛みに直結することがあります。大腿四頭筋の真裏についている筋肉であるため日常では拮抗しながら膝を曲げたり、歩行時に働いたりしています。この筋肉を柔らかくすることで歩行動作も楽になり股関節がスムーズに動くようになりますね!

内転筋(内もも)

内転筋は足を真横に開いた状態からもとに戻す動きに使われます。

股関節でいうと足を閉じる動作ですね。ここで痛みを感じたり、硬さを感じる場合は内転筋が硬いと言えるでしょう。

大殿筋(お尻)

大殿筋は足を開く動作に関連しているため、真横に開いたときに股関節の痛みや硬さを感じる方はこの部分に問題があります。もちろんストレッチ等をして柔らかくしておくことはとても効果的なのでやっておきましょう!

股関節筋の柔軟性チェック

2018 06 22 20h56 21 300x191 - ストレッチしても硬いままの股関節!柔軟性チェックから始めよう

大腿四頭筋チェック

f:id:stretch-profesional:20180419181945j:plain

股関節を屈曲させる働きがある筋肉です。この筋肉が柔らかくなることで足を上に持ち上げたり、曲げやすくする特徴があります。

 

・レベル1

正座して後ろに手をつくのが精いっぱいな人は大腿四頭筋の筋肉が硬いといえるでしょう。

・レベル2

片足を曲げた状態で仰向けに寝れる人は中程度の硬さ。つまりまずまずの柔らかさといえるでしょう。

・レベル3

両足を曲げた状態で後ろにぺったり寝れる人は柔らかい人といえます。

 

大腿四頭筋のポイントは例え両足を曲げた状態で寝れたとしても腰が浮いている状態では硬いと判定されます。腰が浮くということは筋肉が無理に引っ張られている反動によるもの。つまり自然と腰から背中までがぺったりついているものは柔らかいといえるでしょう。

 

ハムストリングチェック

f:id:stretch-profesional:20180419182705j:plain

ハムストリングス(裏もも)は足を後方に動かすための筋肉です。後方に足を上げることはあまりありませんが、乗馬する際に足を開くことはありますよね。もしその時にハムストリングが硬いとほかの筋肉に無理な力が加わり腰痛を引き起こすこともあります。

まずはチェックしていきましょう。

・レベル1

前屈をしたときに両手がすねまでしか届かない人は硬いと言えるでしょう。

・レベル2

前屈で指先がぎりぎり床につくかつかないかである人。

・レベル3

前屈でぺったり手のひらが床に着く人。

 

特に前屈チェックでは膝が曲がらないように注意しましょう。前屈はハムストリングスだけでなく、腰、背中の筋肉も関係してくることがあるのであわせて考えていきましょう。

内転筋チェック

レベル1

脚が90度までしか開かない

f:id:stretch-profesional:20180419183819j:plain

レベル2

脚は120度、肘がつく状態

f:id:stretch-profesional:20180419183917j:plain

レベル3

180度脚が開き、かつ上半身もぺったり床につく状態

f:id:stretch-profesional:20180419184031j:plain

開脚もしっかり内転筋のストレッチを行うことでできるようになります。筋肉は全て繋がっているので合わせてお尻や裏もものストレッチを行うことでより効果が増すことにも繋がります。

大殿筋チェック

2 0210 f 300x221 - ストレッチしても硬いままの股関節!柔軟性チェックから始めよう

大殿筋もとても重要な筋肉でしたよね!まずはチェックしましょう。

 

レベル1

足を組むのがやっと

レベル2

足を組んで画像の位置まで胸を近づけることができる

レベル3

足を組んで胸が足(すね)につく

レベルの合計が8以下は硬いと判断

皆さんいかがでしたか?レベルの合計が8以下だと股関節が硬いと言えるでしょう。股関節は単体ではなくこの4つの筋肉の柔軟性によるものですね。自分の硬い筋肉を把握しレベルアップに励んでください!レベルが8以上になってくると股関節が柔らかいと言えます!

おすすめの記事